08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

TGS2012へ行ってみた Part.5 

CP+の総来場者数以上の人が一日で集まり、来場者数ではモーターショーの規模に匹敵するTGS

そんだけ混雑してるのもあってゲームには全く触れずに終わった
整理券配布済みか、30分以上の待ち時間行列ばかり
IMG_5519.jpg



というわけでTGSの人⑤
IMG_5254.jpg

ブースの人?外人レイヤー?目を合わせたらいきなり銃口を向けられた
とにかくサービス精神溢れすぎで、TGS一番の笑顔に釣られ俺も笑った



別世界のようなコスプレ撮影広場も一応見てきたが、俺にはハイレベルすぎて退散
『お兄ちゃんたち何してるの?』と子供に後ろ指をさされたら困るような場面もチラホラ

格ゲー関連が多かったかな、ヴァンパイアハンターしか分からんかった
お色気担当のモリガンさん大人気、自分が遊んでた半漁人のオルバスはいなかったな

しかし一人ぐらいエヴァレイヤーさんいると期待してたのに残念



毎年また行くかと言われれば微妙だが、会場の雰囲気を肌で感じにお祭り気分で行くには楽しい

一応アスカ(なんか俺の知ってるアスカと違う・・)も見つけたし、クリアファイルももらえたし
QRコードを読んだらくれるんだが、アプリがなく困ってたらおっちゃんがくれたマジ優しい
IMG_5423.jpg IMG_6324.jpg



2022年
たった数インチの小さな液晶に表示される錯視を利用した疑似3Dゲームは博物館に展示される
多数のボタンを操作するゲーム機に「手を使うゲームなんてレトロでステキ」等とマニアで人気
オンライン接続した拡張現実と脳波コントローラーが実用化され、低迷を続けていたゲーム業界が成長産業へと返り咲いた

なんてね~
隣でモンハンで遊んでる兄ちゃんを見ながら、そんな妄想未来が見えた(電車なう



これにてTGS2012シリーズおしまい



ブログランキングに参加してます
応援して下さる方はクリックを!

←ここクリック
スポンサーサイト

category: 2012.09ゲームショー

thread: 祭り/イベント

janre: 写真

tag: EF24-70mm/F2.8L 
Posted on 2012/10/14 Sun. 09:23  edit  |  tb: 0   cm: 0  

TGS2012へ行ってみた Part.4 

アクセルワールド(以下AW)も終わり、続けてソードアートオンライン(以下SAO)をまとめて見てみた
どちらもネトゲを題材にし同じ作者に書かれたアニメなんでストーリーがよく似てる

どちらかと言えばAWのほうが好みだが、時代設定的に現代に近いSAOの方が共感するとこは多かった

脳波でアバターを操作する初のオンラインゲームに参加したプレイヤーは1万人
しかし突如現れた開発者にログアウトする方法は第100層のラスボスを倒すしかないと告げられる

またゲームで死ねばリアルでも脳を焼かれ死亡するというルールも説明される
まさにゲームは遊びじゃねーんだよネタが現実となった


という訳で前回の続き、未来のゲームに使えそうな新技術の2つ目へ
SAOで遊ぶために必要な脳波を読み取るためのヘルメットのように被る装置、ナーヴギアにそっくり

現実に作るならこんなのがいい
IMG_5456.jpg IMG_5458.jpg


これはソニーの没入快感研究所が開発したヘッドマウントディスプレイ(以下HMD)
IMG_5459.jpg


残念ながらこのHMDに脳波を検出する機能はない

HMDに有機ELが2枚組み込まれ、両目で別々の映像を写すことで従来より美しい3D映像が見れる
更にTGS用に展示されたHMDにはカメラも内臓され、リアル世界と仮想世界を融合させた拡張現実も見れる


事前予約制だったので自分は試験に参加できなかったが、予約者の試験風景が公開されていた
IMG_5461.jpg

上の写真のモニタは画面全体に被験者が見ている拡張現実映像、右下に部屋内部の映像(リアル世界)が写っている

被験者には目の前にバイオリンを弾く女性が見えているが、そんな人間は右下の室内カメラには写っていない
この女性は実際には存在せずただの仮想世界映像だ、他にも係りの人が突然ゾンビになったり、二人になったりしていた


ちょっとここでTGSの人④
IMG_5505.jpg IMG_5497.jpg


AWでは拡張現実の情報を直接脳に送りゲームをしていたが、いきなりそれは飛躍しすぎだろう
まずは拡張現実をHMDで見ながらゲームをする時代が来るのが自然な流れに思える

オンライン通信は必須だろうし、HMDに偽の拡張現実映像を送られて誰かを罠に嵌めたり・・
どっかで聞いたようなあるあるストーリーだけど


にしてもSAO前編の最終回は不覚にも涙してしまった
死が目前に迫ったSAO消滅直前、ネトゲで結ばれた2人がリアルネームを教えあうシーンとか特に

一つ疑問なのは、何故誰も実際にゲームで死んだらリアルで死ぬか確かめなかったのかと
レアとは言え蘇生アイテムが存在し、実際に人ではないがペットを生き返らせていた

まだ最終回まで見てないから分からないが、プレイヤー1万人のうち4000人が死んだと開発者が最後に言った
あれは嘘じゃないかな、犯行の動機もまだ裏がありそうだし残り11話が気になる


今回はここまで、次回がラスト予定



ブログランキングに参加してます
応援して下さる方はクリックを!

←ここクリック

category: 2012.09ゲームショー

thread: 祭り/イベント

janre: 写真

tag: EF24-70mm/F2.8L 
Posted on 2012/10/10 Wed. 23:59  edit  |  tb: 0   cm: 0  

TGS2012へ行ってみた Part.3 

最終回でもリアルネーム教えてくれないの?黒雪姫先輩改めてサッチャン

遠くない未来、ニューロリンカーが開発された世界が舞台のアクセルワールドというアニメ
人々は会話やネットなど日常の全てを脳波を直接スキャンする装置で行うという設定だった


これを彷彿とさせる新技術がTGSで2つあったんで、今回はその一つを紹介
「脳波でコントロールする耳と尻尾」

手前に尻尾、奥には実際に耳を動かしている女性が写っている
IMG_5341.jpg


お値段が耳が9000円で高め、シッポは別売りっぽいが値段不明
IMG_5419.jpg


どんな仕組みかと担当の人に聞いてみると、「右に動け!」という感じで念じて動かすのではない
脳波の活動レベルに比例して耳やシッポの動き方も変わるらしい

だから落ち着いた状態だとゆっくり動き、興奮状態だと激しく動く程度のコントロールができる
研究レベルなら具体的な命令をイメージして動かせると昔見たが、市販レベルはこの程度なんだろう


これの耳やシッポを外して、脳波を計測する部分だけで互いの相性を調べるゲームがあった
綺麗なお姉さんと見つめ合えるんで、結構な人気で行列が長かった
IMG_5451.jpg


仕組みを聞いてふと思いついた
「言語指令でないのなら犬とか猫にも使えるんじゃ?動物が何を考えてるか分かれば面白そう」

と担当者に言ってみると、理屈ではできるかも?ただこれをそのまま使うのはムリだそうだ
何故かと質問すると、単純に頭部だけをスキャンしてるのでなく耳たぶと頭部の電流の差分を見てるから

耳たぶを自分で動かせる人はまぁいないだろう、つまり耳たぶが動いた事で生じる筋肉電流はないか微小なレベル
心臓にしろ筋肉にしろ人体なんてのは微弱とは言え電気信号で動いてるようなもの
脳波はそれらの筋肉から生じる電流よりさらに微弱なんだろう、心電図でさえあれだけ電極を付けるのだから

なので耳たぶは言わばアースであり、そこを基準にしノイズとなる筋肉電流から脳波だけを処理してる
と、ここまで細かい説明は聞いていないがそうだと推測してみた

犬や猫は人と違って耳は動かせるので、構造を変えないとダメだろうけど基本的な仕組みは変えずにできそう


ちょっとここでTGSの人③
IMG_5479.jpg

IMG_5488.jpg


最近昔ながらのコントローラーを使わずに体を実際に動かして遊ぶゲームが人気
そのほうがより簡単に誰でも遊べるからなんだろう

じゃあ更に一歩進んで体を動かしている脳波でゲームを遊ぶのもありじゃ?
第一インドアのゲームなのに体動かすとか面倒(=w=

ただまぁ未知領域の多い脳に立ち入るのだからなんか怖いけど


今回はここまで、続編へ



ブログランキングに参加してます
応援して下さる方はクリックを!

←ここクリック

category: 2012.09ゲームショー

thread: 祭り/イベント

janre: 写真

tag: EF24-70mm/F2.8L 
Posted on 2012/10/08 Mon. 22:28  edit  |  tb: 0   cm: 0  

TGS2012へ行ってみた Part.2 

いきなりTGSの人②

これは何かのコスなのかなエルフっぽい、何のゲームだったかはノーコメント
IMG_5439.jpg


確かこの人は北海道のゲームコーナーにいたような、しかしデカッ・・いや何でもない
TGSのキャンギャルは露出が異常、特にソーシャルゲーム系が写真撮る気失せるレベルでヤバかった
IMG_5429.jpg



大混雑でぎゅうぎゅう詰めのメインストリートを進んでるとエレキの音色が聞こえてきた
しかも演奏してるのが自分がエレキで初めて弾いた「20th Century Boy」だった

演奏してたのはソニーブース、何やら大型ディスプレイに見慣れたコメントが流れてた
すぐニコ生と察し晒されないように注意しながら接近w

ゲーム名は「ロックスミス」、一言で言うとよくある音ゲー
ただ今までの音ゲーと違うのは、コントローラーが実際のギターを使う点

ギター初めて1ヵ月のサカモト教授さんとプロギターリストのD_Drive Yukiさんが実演していた

まさかゲームショーで生演奏が聴けるとは思いもしなかった
サカモト教授さんも1ヵ月とは思えない上手さ、Yukiさんマジかっけぇぇぇ
IMG_5317.jpg


動画も撮ってきたので載せてみる


コメントがおかしいと思ってたがニコ生では機材トラブルでYukiさんが全く写らなかったとか
とはいえネット放送じゃ生演奏の迫力は伝わらんでしょうけど


誰だって、弾ける!(キリッ
IMG_5331.jpg

ほんまかいなぁ、というか二人とも暗譜して画面なんて見てないし普通のギター演奏と変わらんw
でもまぁ今回のTGSで買ってみたいと思った数少ないゲームの一つではある

おうちでむったんをPS3に繋いで大画面TVを見ながら演奏とかいいね、アンプもいらない
ギター教室のイベントで使うのもありかも


今回はここまで、続編へ



ブログランキングに参加してます
応援して下さる方はクリックを!

←ここクリック

category: 2012.09ゲームショー

thread: 女性ポートレート

janre: 写真

tag: EF24-70mm/F2.8L 
Posted on 2012/10/07 Sun. 23:59  edit  |  tb: 0   cm: 0  

TGS2012へ行ってみた Part.1 

日本最大のゲームショー・東京ゲームショー(TGS)に初めて行ってみた
かといってドラはゲーマーでもないし、ゲームにも詳しくはない

普段はネトゲとスマホのゲームアプリをしてるオンゲー民で、家庭用またはポータブルゲーム機を一切持ってない
ドラクエとかモンハンとか超メジャータイトルさえ未体験と言えばゲームにどれだけ疎いか伝わると思う

そんな人間がTGSに行った理由はPSO2がスマホで出来ると聞いたから
陰ながら国産ネトゲを応援してるんで期待はしてる、前評判は様々だが


というわけでSEGAブースへ
IMG_5256.jpg


余裕で整理券なんてなかった
もう会場入場制限の行列を見て諦めてましたけど、有名人が出迎えてくれた
IMG_5243.jpg IMG_5250.jpg

ミクさんマジ天使!

全身スッポリ覆って中の人m・・そんな人いないんだよー
ところでミクさん短すぎますよ悪意もなくしゃがみこんだら見えたじゃないですかゴメンナサイ


ミクさん繋がりで脱線をして、最近ワールドイズマインを練習してたり


ボカロ初挑戦だったけど弾くの楽しい
MML打ち込んでゲーム内アバターに演奏させて、リアルとネット同時に弾いて遊んだり


んでさらに脱線
上の動画のミクさんがくねくね動いてるMMDっていう技術に興味が沸いて動画漁りしてた


普段仕事でも3Dモデルは使ってるけど、MMDのモデルはまるで別物
何が違うかって自分が扱ってる3Dは基本剛体、こんな変形したり弾性を持っていない

動画も腕とか足は剛体っぽいけど、服とか髪とかおppとか弾性を持ってよく動く
草原の草が足で蹴られたり、髪の毛が腕と接触したり、自己内の干渉もできてるし凄いなぁ

MMD詳細を全く知らないけど、振動や遠心力や重力は計算してるが減衰がないのか不十分な気がする
モデルが静止してる状態でも微振動してたりおかしなとこが目につく

あとはこれだけのモーションを打ち込んでるのかは知らないけどよくリアルに再現してるなと
動画によっては糸に吊り下げられ浮いてるような不自然さがあるけど、アニメやゲーム、CMで使えそう


そんな感じでここ数日、MMD動画を見た中でこれが一番気に入った


衣装よし、表情よし、仕草よし、振り付けよし、カメラワークよし
写真好きとしては仕草やカメラワークがとても参考になった

それに何が最高ってテトさんマジ天使!色っぽい!
まぁ年齢設定が31歳とか、テトさんの裏設定に笑わせてもらったw


最後に、TGSの人①
IMG_5235.jpg


今回はここまで、続編へ



ブログランキングに参加してます
応援して下さる方はクリックを!

←ここクリック

category: 2012.09ゲームショー

thread: 女性ポートレート

janre: 写真

tag: EF24-70mm/F2.8L 
Posted on 2012/10/04 Thu. 23:59  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。